Description:

The J. F. Oberlin Summer Intensive Japanese Program is a five-week content-based language program at J. F. Oberlin University in the suburbs of Tokyo, Japan. Novice high to Intermediate level classes meet three hours every morning, five days a week. In addition, students expand their language through cultural activities taught in Japanese including taiko drumming, classical music, cooking, calligraphy, and tea ceremony two afternoons a week. English lectures on Japanese history, social issues, and cross-cultural communication are planned. There will also be excursions into downtown Tokyo and to the historic city of Kamakura. For more information, please refer to: the Summer Intensive Flyer.

Program Location:

J. F. Oberlin University main campus in Machida, a suburb of Tokyo.

Program Dates for 2014:

Deart US: May 24 Arrive Japan: May 25  

Depart Japan: June 30  Arrive US: June 30

Housing and Meals:

Students will be housed in either one of the residence halls or the conference center. A free shuttle bus provides transportation to the main campus. Students will have the opportunity to spend some weekends with a friendship family during their stay. Students are responsible for their own meals. Pointers on how to eat less expensively in Japan will be covered during orientation. Students should be able to manage on about ¥75,000 for the five months.

Cost:

  • Program fee for single room: ¥285,000.
  • Program fee for double room: ¥270,000.
  • On application a $250 non-refundable deposit must be mailed to Obirin Gakuen Foundation of America, 1175 Park Pl #125, San Mateo, CA 94403. This will be deducted from the final invoice.
  • Airport pick-up/return, housing, tuition, excursion transportation, guest speakers, weekend host family included.
  • Meals, international airfare, insurance, or incidentals are not included.

Who can apply:

Students from J. F. Oberlin University’s affiliates are invited to apply. Students are expected to have completed at least one year of university Japanese at their home institution.

Application Deadline:

February 15, 2014

How to Apply:

Fill in the on-line application

By email attachment, please send the photo page of your passport to Fumitake Nakamura.

Also please ask your Japanese teacher to send a recommendation to Fumitake Nakamura.

If you have questions, please send an email to Obirin Gakuen Foundation of America in California or Fumitake Nakamura at J. F. Oberlin University in Japan.

 

概要:

桜美林大学 日本語夏期集中プログラムはコンテントを中心とした1ヶ月の集中語学プログラムです。     東京郊外にある桜美林大学にて開講されます。   授業は週5日、午前中に3時間行われ、初級(上)と中級のクラスに分かれています。英語で行われる日本史、社会問題、異文化間コミュニケーションの講義も計画されています。又、週に2回の午後、太鼓、古典音楽、料理、書道、茶道といった日本文化体験の機会が提供されます。東京や、歴史的な地として知られる鎌倉へのフィールドドリップも予定されております。さらに詳しい情報は Summer Intensive Flyerをご覧ください。

 

プログラム開講の場所:

桜美林大学町田キャンパス(東京都郊外)

プログラム期間:

2014年5月24日(米国出発)から6月30日(日本出発、米国到着)

 

宿舎と食事:

宿舎は桜美林大学多摩アカデミーヒルズをご提供します。 1人部屋または 2人部屋での利用が可能です。メインキャンパスへの通学には、無料のスクールバスが利用できます。多摩アカデミーヒルズには、ジム、ラケットボールコート、卓球台、トレイニングルーム、野外フィールドがあり、無料で利用できます。また、滞在中の週末にはホストファミリーと一緒に過ごす機会も提供されます。食事は自己負担となります。日本での食費を軽くする為のポイントはオリエンテーションにて紹介しますが、プログラム中の食費は、おおよそ60,000円位が目安となります。

費用:

  • プログラム費 1人部屋利用 :¥285,000

  • プログラム費 ルームシェア :¥270,000

  • 空港送迎、授業料、寮費、フィールドトリップ、講演会費、週末のホームステイ費が含まれます。

  • 食費、航空費、保険、その他の雑費は含まれません。

申請資格者:

桜美林大学の提携校に在籍している学生。在籍校で、最低一年の大学レベル日本語教育を修了している方に限ります。

申請締め切り:

2014年2月15日

申請方法:

オンライン申請書に入力してください。

パスポートにある写真のページを添付の上、メールにて Fumitake Nakamura まで送付ください。

また日本語の先生に推薦状を同メールアドレスFumitake Nakamuraまで送信いただく様ご依頼ください。 

ご質問は、メールにてObirin Gakuen Foundation of America または Fumitake Nakamuraまでお問い合わせください。