Description:

Students across continents enjoy many benefits from digital or social media exchanges where they can share projects, thinking, values, and dreams. Global concerns and topics of interest to students everywhere are the main focus.

Pilot Project:

Students in the advanced Japanese language conversation class at Kennesaw State University in Georgia and students in the Business Management Global Outreach Program at J. F. Oberlin University in Tokyo will initiate a pilot project in the spring of 2016. For 7 weeks they will get to know each other on social media and then for 7 weeks they have the chance to meet face-to-face in Atlanta. Both groups will prepare surveys to get to know each other and to delve into student cultural issues on both sides of the Pacific.

For Other Interested groups:

Please contact the Foundation for other projects linking students across continents.

概要:

学生たちは、プロジェクト、考え、価値観、夢を共有することができるデジタルやソーシャルメディア交流を通じて、大陸を越えた多くの利益を楽しむことができます。世界的な関心事と様々な地にいる学生の興味が主な話題の焦点です。

パイロット・プロジェクト:

ジョージア州ケネソー州立大学の上級日本語会話クラスと、東京の桜美林大学のビジネスマネジメント学群グローバルアウトリーチプログラムの学生たちが、2016年の春に、パイロット プロジェクトを開始します。始めの7週間、ソーシャルメディアを通じて、お互いを理解する時間を持ちます。その後の7週間には、アトランタで直接に面会する機会が設けられています。 両グループは、お互いを知り太平洋の両サイドにある学生の文化的な問題を掘り下げて調査するを準備します。

その他ご興味のあるグループの方:

大陸を越え学生を結ぶその他のプロジェクトについては、財団までご連絡ください。